記事

今までやってきことをまとめてみます。

更新日:

前回の記事で約束した通り、私が今まで数々の教材を見、実践してきた中で、得たものを体系立てて発表していきたいと思います。そこそこのボリュームになりそうなので、数回に分けて紹介します。

端折る(はしょる)ところは端折って、英語でコミュニケーションを取れるようにするということに特化して、やるべき事をまとめました。極力無駄を省き、効率的に英語をマスターできるようにカリキュラムを組みました。それでも、一日1時間の学習時間で、最低でも6ヶ月間は頑張ってもらうことになります。

巷には1カ月でネイティブとか、1週間でペラペラみたいな教材が平気で出回っていますが、ぶっちゃけ99%誇大広告です。どんなに効率のいい方法を選んだとしてもこのくらいはかかるんじゃないでしょうか。

しかし、6か月間言われた通りやってもらえば、ペラペラのペラぐらいには絶対になれます。(ペラペラの定義が曖昧ですがこの辺は感覚で。)

もう少し具体的に、どの程度まで喋れるようになれるのかを言うと、

  • 基本的な会話はまず大丈夫
  • 分からないことがあっても相手に確認しながら話を進めることが出来る
  • 英語の話せない人から見ればペラペラじゃんと言われるレベル
  • 海外旅行に行っても困らない
  • バーなどで気軽に話かけることが出来る

こんな感じのレベルにまで、海外に出ること無しに自宅で習得可能です。

 

コンセプト、こだわったポイント

もちろん、効率的で効果的、最短最速で英語を話せるようになるステップを追求していますが、今回紹介するカリキュラムを作るにあたって特にこだわったポイントが2つあります。

 

1.スマホ完結型であること

本を開く必要がある。CD・DVDを流さないと聞けない、見れない。PCがないと見れない。そんなものはもう古いです!

あなたと一番一緒にいる時間が長いスマホで、全てのカリキュラムを済ませることができるように考えました。とにかく語学学習はスマホでする時代です。

【スキマ時間の活用】

スキマ時間にちょこっと英会話学習です。この積み重ねがかなりでかいです。(やってみると分かります)

英会話学習のために、まとまった時間が確保できない人にもこれで継続可能となります。「時間が無い」という言い訳は、もうこのスマホ時代にはありません。1分からでも学習可能ですので、暇さえあればカリキュラムを進めてください。

 

2.出来ないことは言わない。無理のない大人のための英会話習得法

1000時間リスニングしろとか、Duo一冊丸暗記しろとか、海外ドラマを字幕なしで100時間見ろとか、洋書を100冊読めとか・・・、まあやればそれなりの結果は出るんでしょうが、現実的にかなりきついです。

そういう修行のようなことをしないと、英語を話せるようにはならないのか?と言ったら全然そんなことはありません。むしろ初めのうちからこんなキツイことを自分に課せると、英語が嫌いになってしまいます。

もっと要領よく効率的に楽しく英会話を習得することが可能です。先ほどの巷でよく言われている修行のような方法は、上級者になって、さらに極めたい人がやればいいと思います。初級者は初級者のやるべきことが他にあります。

今回ご紹介するプログラムは、誰でも無理なくついつい続けてしまうような流れで習得できるようにカリキュラムを組みました。この流れで学習を進めてもらえば、成長を感じやすいので、挫折することが無くなります。

 

カリキュラム内容 (全体の流れ)

それでは、完成した6ヶ月間のプログラムの内容をご紹介します。

1.英会話にまつわる14の神話を取り除く

色んな人が色んなことを言っている業界です。何が正解なのかまずはハッキリさせましょう。

2.習得スピード2倍確実!英会学習 8つの掟

オシャレに言うとマインドセット?英会話学習を進める際のルールのようなものだと思ってください。

3.いきなりオンライン英会話

「だってあなたは英語を話せるようになりたいんでしょ?」って事です。初日から使え!です。

4.まず初めは発音矯正から 【30日間】

いよいよここからカリキュラム開始です。まずは絶対に発音からです!その理由は?

5.会話の為の英文法を一通り学ぶ 【4ヶ月間】

文法と言っても今まで学習してきた受験勉強的なものではなく、話すための文法を学びます。ここはちょっと長いですが頑張りましょう。

6.使用頻度の高いフレーズを覚える 【30日間】

いよいよ最後のステージ。ここを過ぎればよりこなれた感じが出てきます。

7.6ヶ月間プログラム 卒業式 【修了者限定】

おめでとうございます。ここまで終わらせれば、あなたはペラです。

これが6ヶ月間のカリキュラムの全体像です。

ポイントは順番です。1から順番通りに進めることによって無理なく効率的にペラペラのペラまで6ヶ月間でもっていくことが可能です。

世の中では色々な英会話習得法があります。ホント色んな人が色んなことを言っている業界です。

とことん調べててもらうと分かりますが、最終的にはこんな感じの流れに行き着くと思います。この流れが今一番現実的で、一番イケてる英会話習得の方法なんじゃないかと思っています。小さなバーの店主の話で恐縮ですが、かなり色々と調べ、そして実際に試してきたので信じてもらって問題ないです。

やるべきことは事細かく解説しています。一度全体を見てもらって、イケそう!と感じてくれたのなら、実際に順番通りに始めてみて下さい。6ヶ月後に別人のような自分に驚き、そして英語でコミュニケーションが取れていることに大きな喜びを感じているはずです。

 

それではさっそく、『英会話にまつわる14の神話』を取り除くことから始めてください。今まで何となくモヤモヤしていたことがスッキリし、今自分が何をやるべきか?そして、何をやらなくてよいか?が明確になります。

⇒ 1.英会話にまつわる14の神話を取り除く

 

※追記:今までの活動の集大成が完成しました。 

結局何をやれば話せるようになるのか?一から順番に解説しました。とにかく英語を話せるようになりたい人は一読お願いします。

2018年はこれで決まり!英会話習得のための最速最短の道筋

 

口コミ募集中!

当ブログでも、この教材を購入した方のレビュー、評価、口コミ等を募集しています。

実際にこの教材を購入した方は、以下『投稿された口コミ』の最下部フォームより書き込みよろしくお願いします。

あなたのレビューが他の英語学習者仲間の参考になると思います。ぜひ貴重な口コミ、レビュー等をお寄せ下さい。

また、この教材についてのシェアもよろしくお願いします。

-記事

Copyright© 英会話教材 大全集 , 2018 All Rights Reserved.