初心者におすすめの英語教材は?

今回は、

「本当に1つだけ選ぶとしたら何?」
「もう当面はこの教材しかやらないぞ!」

こんな基準で初心者におすすめのNo1教材を決定したいと思います。

それぞれのジャンルに特化した教材(発音やリスニング、文法など)になると、そのジャンルごとにおすすめしたい素晴らしい教材がありますが、それについてはまた別の機会にまとめたいと思います。

(各カテゴリーページのランキングは当ブログ経由の売れ行き順+世間での口コミに、ちょこっとだけ私の個人的な気持ちを反映させたものです。今回の記事の内容は私の個人的な意見がゴリ押しな内容となっております。よろしくお願いします。)

※追記:2018年6月5日(火)

今までの活動の集大成が完成しました。初心者の方にもぜひ読んで頂きたい記事となっております。

2018年はこれで決まり!英会話習得のための最速最短の道筋

 

何をもって「初心者に一番おすすめ」になり得るのか?

  • 取り組みやすさはどうか?
  • 難易度は高すぎないか?
  • 基礎的なことから始めているか?
  • 各パート(発音、リスニング、文法、単語など)を網羅しているか?
  • 当面は他の教材を買わなくて済むか?
  • 本当にやれば話せるようになるのか?

この辺りを考えて初心者におすすめのNo1教材を選びました。

候補に挙がった教材がいくつかありましたが、考えに考え抜いて最終的に1つの教材に絞り込みました。

 

初心者におすすめNo1教材はこれだ!

七田式英語教材7+English

shichida

 

七田式 7+Englishとはどんな教材か?

超ざっくり説明してしまうと、日常会話でよく使われているフレーズをネイティブが選び抜き、そのトップ60フレーズを覚えて掛け算九九のようにして使いまわすことによって英語が話せるようになるという教材。

詳しくは公式販売ページ を読んでもらいたいのですが、ここでは販売ページには書かれていない7+Englishの素晴らしい点を語ろうと思います。

 

まずこの教材はフレーズ暗記系の教材に分類されますが、他のフレーズ系の教材との違いは英借文のクセ付けが出来るという点です。

他の教材だとそのフレーズを使う瞬間が訪れた時以外は基本使いものになりません。そしてドンピシャでその覚えたフレーズを使う瞬間は残念ながら滅多に訪れません。

 

例:とある教材のワンフレーズ

I'm not getting any hot water from the shower.

すみません、シャワーのお湯が出ません。

 

このフレーズを使う瞬間は人生の中で何回訪れるのでしょうか?

日本語が全く通じない英語圏の国でシャワーを使って、しかもそのシャワーからお湯が出ないというシチュエーション。・・・

 

もしかしたらこんな瞬間がいつの日か訪れるかもしれませんが、可能性はかなり0に近いんじゃないでしょうか。

しかも、もしその時が来た時にこのフレーズがパッと口から出るでしょうか?なかなか難しいと思います。

こんな遠回りなある意味無駄に近い暗記をしていたら、一体いくつのフレーズを暗記しなければならないのでしょう?気の遠くなるような作業になってしまいます。

 

これに比べ「7+English」ではパターンプラクティスという学習方法を取り入れています。1つのフレーズを使って10パターンの例文を覚えていくので、入れ替えて使うことに慣れることが出来るようになります。

このパターンで覚えていくという方法の効果は、公式販売ページでは強く触れていないのですがこれが実はかなり効果的な学習方法なのです。

このことは単語を覚えるときも同様です。

例えば、単語を暗記するときに、次の【A】と【B】ではどちらが覚えやすいでしょうか?

 

【A】

おでこ:forehead
アライグマ:raccoon
定規:ruler
まぶた:eyelid
はさみ:scissors
キリン:giraffe
眉毛:eyebrow
鹿:deer
消しゴム:eraser

 

【B】

おでこ:forehead
まぶた:eyelid
眉毛:eyebrow

はさみ:scissors
定規:ruler
消しゴム:eraser

アライグマ:raccoon
鹿:deer
キリン:giraffe

 

答えは【A】よりも【B】の方が簡単に覚えることが出来たと思います。

この様にランダムに何の関連性もないまま暗記するより、同じカテゴリ、パターンに分けて覚えた方がずっと楽に覚えられます。

これと同じように、この教材では1つのフレーズで10パターンを覚えてしまうので、他の教材より覚えやすいわけです。

そして同時に、その時々によって文の単語を入れ替えた英借文を行うことにも自動的に慣れることが出来るわけです。

この英借文ですが、これは英語学習者、特に初級者には非常に有効な英文作成の方法です。

一部の間では「英作文はするな英借文せよ!」と言われるぐらいですが、なぜかというと、これは初級者が一から英文を組み立てると時間もかかるうえ文法的に内容が間違っている可能性が高まるからです。

これに比べ英借文は単語を入れ替えるだけですので時間も一から組み立てるより短縮されますし、なにより文法的に間違わない正しい英語を組み立てることが出来る可能性が高まるからです。

これらの理由によりよりパターンプラクティスや英借文の要素を取り入れている「7+English」は、英会話学習の初心者に向いている教材と言えます。

 

なぜ初心者におすすめなのか?

なぜ「七田式英語 7+English」は初心者におすすめなのか?

理由はこれだけではありません。もう少し細かくみていきましょう。

 

発音について触れているか?

まず、発音矯正系のコンテンツが含まれていないものは候補から外しました。

理由は英会話を学習するにあたって、順番的にまず一番最初に取り組んだ方が良いのが発音だからです。

これは色々なところで言われていることなので詳しくは説明しませんが、発音からやった方が良い理由をざっと箇条書きにしてみます。

 

【発音から始めた方が良い理由】

  • 正しい音を知らないとそもそも発音できない。
  • 正しく発音できていないとまず通じない。
  • 正しい発音を知らないとリスニングも出来ない。何を聞こうとしているのかそもそも分からない。
  • 正しい発音を知らないと変なクセが付く。化石化する。これはいつか直す必要性が出てくるので結局二度手間になる。
  • 正しく発音できればそれだけでカッコいいので自信が付く。モチベーションアップにつながる。特に初級者には重要。

以上の様な理由から、初心者は特に発音系のコンテンツが入っている教材がおすすめになります。

この「7+English」は本編の方には発音についてのコンテンツは含まれていませんが、特典で発音矯正の為のビデオプログラムが用意されています。

特典と言うと「おまけ」程度の内容なのかな?と思うかもしれませんが、この動画は英語発音の専門家が協力して作成した本格的なプログラムとなっています。

内容は一般的な発音の仕方はもちろん、特に使い分けが難しい「LとR」「TH」を簡単に発音できるようになる方法や、ネイティブが頻繁に使う「リエゾン(単語と単語が結びつく現象)」など詳しく解説しています。

まずはこれをを見れば、日本人には難しいとされている発音もすぐに使い分けすることができ、正しい英語発音で60パターンを記憶することができるようになります。

 ※購入するサイトによって特典が変わります。ご注意ください。詳しくは後程説明します。

 

フレーズの厳選方法は初心者向きか?

「7+English」で覚えるフレーズは一つ一つが本当に簡単なフレーズです。

60×10の合計600フレーズで言いたいことがポンと出せるようにすることが第一目的ですので、残念ながら内容は簡単なものに限ります。ちょっと凝った文をポンと言うことは出来ません。

ただこの「凝ったことを言いたい」のは中級者レベル以上であって、多くの英会話学習者はこの「簡単なフレーズをポンと出す」ことさえも出来ないので、初級者であればまずはここを出来るようにしてしまいたいです。

中級者、上級者の人達も必ずこのステージを通っているので、まずはこの「簡単なことをポンと出す」レベルをこの教材を使ってクリアーしてしまいましょう。

ちなみに、この状態は英語が全く話せない人から見たら「ぺらぺら」に見えると思います。そういう意味では販売ページに書いてある「たった60日間で・・・」というのもあながち誇大広告とも言えないのかもしれません。

 

文法については学べるのか?

「7+English」には1つ1つのフレーズに音声解説が付いています。

この音声ではみっちり文法が学べるわけではありませんが、逆に「文法が完璧な日本人英語講師がいざ英会話になるとめっきりダメ」という事実もよくありますので、このぐらいの感覚重視の簡単な解説の方が初心者にはちょうど良いとも言えます。

この辺の文法学習のバランスも「7+English」は初級者向きといえるでしょう。

 

ネイティブとの実践はあるのか?

ここは超ポイントが高いです。この手の教材には珍しくこの「7+English」にはオンライン英会話25分×5回も付いています。

これは世界の第二言語学習者の間で一時期話題になったTED系の動画「How to learn any language in six months」(6ヶ月で言語をモノにするための5つの原則)でも言われています。

 

参考サイト

ログミー

絶対話せる!英会話

スマート英語コーチング

 

5つの原則の中のその2「その言葉を習得したければその言葉を初日から使え!」です。

学習ばかりしていて「ここまで覚えたら英会話に挑戦します。」みたいなことを言う人は多いのですが、これではいつまで経っても話せる様にはなりません。

学習しながら同時に実際にネイティブと話す。上手く話せなくてもなんとか話す。この姿勢が大切です。

とはいっても初心者には「実際にネイティブと話す」ということは、ハードルが高いのもよく分かります。

しかし、この「7+English」には元々ネイティブと実際に会話してみる機会が教材の中で与えられているので、第一歩を踏み出しやすいわけです。

この辺も英会話初心者には嬉しいところだと思います。

 

ボキャビルは望めるか?

「7+English」を学べば、ネイティブが日常英会話で特に良く使う60の王道パターンを身につけることができます。

その王道パターンさえ使いこなせるようになれば、あとは単語を入れ替えればほとんどの場面で英会話に困ることはなくなるはずです。ですから、あとは利用頻度の多い単語さえ覚えてしまえば良いのです。

なんと「7+English」には本編教材とは別に特典として、実践的な単語集が用意されています。

この単語集は直近3ヶ月(随時更新)の 英字新聞に掲載されている全ての英単語の中から、特に良く使われている英単語を独自に集計し、詳細な和訳と解説を加えた単語集となっています。

これは今現在、実際の英字新聞で使われている英単語ですので実用的で即戦力となります。

しかも、この単語集は英字新聞の中で使われる頻度順に英単語が並び替えられているので、『特に重要な英単語から』順番に覚えていくことができます。

掲載語数は厳選した1500語ですので、日常英会話で使用する英単語はほとんど網羅しています。

「7+English」で覚えた英会話フレーズと、この単語集を組み合わせれば、あなたは日常英会話でほとんど困ることのないほどの英語力を身につけることができます。

これは初心者だけでなく英語学習者全ての人が手に入れたい単語集だと思います。

 

サポート体制は整っているか?

こちらの教材にはメールサポートが回数無制限3年間という長期間にわたって対応しています。

相談内容は7+Englishの内容についてはもちろん、英語に関してならどんなことでもOKです。

これは実はかなり凄いことで、この無料サポートを利用すれば、あなたは24時間いつでも好きな時に相談できる、あなた専属の英語の先生を手に入れたも同然です。初心者には心強いサポートなのではないでしょうか?

 

初心者にも取り組みやすい値段設定か?

7+Englishの値段は全国送料無料で、税込み19,800円です。クレジットカードのみですが分割払いも可能です。

この内容でこの値段はかなりコスパが良い方だと思います。凄い時代になりました。

初心者にも十分取り組みやすい教材の価格設定だと思います。

※買う場所によっては1万円高いです。ご注意ください。詳しい話は後程話します。

 

返金保証はあるか?

この教材にはなんと全額返金保証が付いています。使ってみて効果を感じなければ、購入から60日以降90日以内なら購入代金を全額返金してくれます。

とにかく試してみて、60日後にあなたが納得するような効果を感じなければ返金すれば良いと思います。あなたに金銭的なリスクは一切ありません。

この辺のサービスも初心者には嬉しいところです。

 

他のサイトでよく初心者におすすめと言われている教材比較

有名どころのランキングサイトやレビューサイトを調べた結果、初心者向きのカテゴリーで上位によく顔を出している教材4つと比較してみました。

ちなみに七田式 7+Englishが初心者向け1位になっていたサイトは一つもありませんでした。なぜなんでしょう?疑問です。

他の教材と見比べてみると、7+Englishがいかに初心者向けかが分かると思います。

 

 

【発音矯正】

発音矯正のコンテンツが入っているものは7+Englishだけです。他の教材では発音については触れていません。

 

【フレーズ内容】

フレーズ内容は7+English以外は皆『日常のやり取り』です。これは先ほども話しましたが、そのシチュエーションに遭遇しない限り使いものにならないし、頑張って覚えてもその後に覚えていられるかは難しいので初級者がまずやる事ではありません。

この日常で使うフレーズを覚えるのは、実は中級者以上がやるべきことで初級者は7+Englishのようにネイティブがよく使い、しかも内容を入れ替えて使いまわせるフレーズを覚えるのが先決です。

しかも、この『日常のやり取り』を覚える教材なら今の時代こんな高額なCD教材では無く、スマホのアプリでもっと使いやすいものが沢山出ています。正直わざわざ教材で買う必要はないです。

 

【スピーキング】

7+Englishには自分からスピーキングを促す為の仕組みは特にありません。

しかしこの辺は自分次第であり、出来るだけシャドーイングリピーティングを取り入れ教材内で出てくるフレーズを口に出すようにすれば、どの教材もスピーキングという点では同じです。

「ぺらぺら君 初級」だけは教材音声の中で『それでは 、”すみません” と英語で言ってみましょう。』みたいなナレーションの声が入っていますので、強制的に英語を声に出すように促してはくれますが、これに関しては我々は子供ではないので ”ここまでやらなくても...” というのが正直な感想です。

自分で意識して声に出すように心がければ、7+Englishでも十分スピーキングの練習になります。

 

【リスニング】

リスニングに関しては、全ての教材に共通して効果が高いと思います。

これは全ての教材がネイティブの音声をもとにした音声中心の教材なので、どれも大した差はないです。

 

【文法】

どの教材も文法に深く踏み込んだものはありません。

ただ、7+Englishとネイティブイングリッシュに関しては、フレーズごとに解説があるのでそこでざっくりとした文法(というより英語のルールみたいなもの)を学ぶことは出来ます。

フレーズについて日本語訳だけで何の解説もない教材よりは、こういった解説が付いている方が初心者には向いています。

 

【ボキャビル】

基本的にどの教材もフレーズや音声の中で英単語が絶えず出てくるので、ある程度のボキャビルはどの教材で学習しても望めます。

その中でも「7+English」と「ぺらぺら君 初級」は本編教材とは別に特典として語彙力UPのためのコンテンツが付いてきます。

基礎的な単語やフレーズをマスターした後に、さらに中級、上級を目指すときになると必ず語彙力を付けなければならない時期が来ます。その時の為にもボキャビル系のコンテンツは持っていて損はありません。

 

【サポート】

7+Englishとネイティブイングリッシュにはメールサポートが付きます。他の教材にはサポートは付きません。

7+Englishが3年間、ネイティブイングリッシュは2年間です。

このサポートは初心者には非常に助かります。内容も基本的に英語に関することならなんでもOKなので、遠慮せずに使い倒してほしいです。

 

【返金保証】

スピードラーニングとスピークナチュラル以外は付いています。ちなみにスピードラーニングはクーリングオフ的に購入から10日間は返品可能となっていますが、10日間の学習では効果のほどが分からないのでこの返金制度は微妙なものです。

7+Englishは、購入から60日以降90日以内

ネイティブイングリッシュは、購入から60日以内

ぺらぺら君は、購入から90日以降365日以内

で、効果を感じられなかったら返金が可能となっています。

 

【オンライン英会話】

7+Englishだけ、25分×5回分のネイティブとのオンライン英会話が付いています。

スピークナチュラルには月2回までの日本人スタッフによるサポートレッスンが付いています。

その他の教材には付いていません。

これはかなりコストのかかるサービスだと思います。この辺を見ても「7+English」がいかに学習者思いの教材なのかがうかがえると思います。

 

【販売価格】

7+Englishは、19,800円(税込み)。

ネイティブイングリッシュは、29,800円(税込み)。

スピードラーニングは、初回が9,400円(税別)で、翌月以降は月々3,200円(税別)です。全部でトータル48巻すべて受講するとなると合計217,560円になります。

スピークナチュラルは、29,800円(税込み)です。ただこれは「スタンダード版」で、もう一つのバージョン「海外旅行編」(29,800円)も存在し、セットで買うと49,800円になります。

ぺらぺら君 初級は、9,800円(税込み)です。こちらには「中級編」があり、これが21,800円(税込み)するので、初級、中級と揃えると合計で31,600円になります。

値段を見てもらったら分かるのですが、平均の単価が決まっている一般書籍教材とは違って、この手の英語教材は値段設定がバラバラです。高額だから内容が良いと言ったらそんなことは全くなく、リーズナブルでも高額商品の上をいくものも多数存在します。

ぶっちゃけ出来れば『安くて効果の高い教材』を選びたいと思うのが私も含め皆さんの気持ちだと思います。

その点、見ての通り7+Englishは内容も充実でありながら、価格も初心者にとっつきやすい値段設定となっています。

 

マスター
結果7+Englishをゴリ押しするような内容になってしまいました・・・

ただおすすめしたい凄~い教材はいくつかあるのですが、英会話初心者が一発目に買う教材となると、7+Englishは外せません。

 

注意!購入するページによって値段や特典が違います

今回初心者におすすめということでご紹介している七田式 7+Englishですが、実は販売ページが3つあります。

それぞれ販売価格と付いてくる特典が違います。購入の際はお気を付けください。

 

公式販売ページ その1  ←初級者は発音矯正の特典が付いたこちらのバージョンをおすすめします!

(値段 19,800円、発音矯正ビデオプログラム付き)

 

公式販売ページ その2 ←上との違いは発音矯正の代わりに中学英語文法の特典が付きます。別で発音を学びたい人や、もう既に発音矯正が済んでいる人はこちらのバージョンでもよいと思います。

(値段 19,800円、中学英語文法動画付き)

 

公式販売ページ その3 ←ここから買うと損します!値段が1万円高くて、しかも発音矯正の特典も中学英語文法の特典も付きません。ご注意してください。

(値段 29,800円、どちらも無しバージョン)

 

七田式 7+Englishを紹介しているサイトやブログは沢山ありますが、このように値段や特典の違いをきちんと伝えている所は他には見当たりませんでした。購入の際には十分ご注意ください。

※3日間限定キャンペーン実施中です!

お得な限定特典が付いてくるキャンペーンを実施しているので、申し込むなら今がチャンスです!

おすすめ ⇒ 7+English 公式サイト その1

 

以上「初心者におすすめの英語教材は?」でした。

 

HOMEへ戻る
運営者自己紹介へ
ジャンル別ランキングへ

 

 

更新日:

Copyright© 英会話教材 大全集 , 2018 All Rights Reserved.