その他の教材

英語手帳 の口コミ・使い方

投稿日:

前回の神田昌典つながりで、今回はこちら『英語手帳』です。

教材ってわけではありませんが、かなり売れてるみたいなので紹介します。

※ちなみに、2007年、2008年あたりが神田昌典コラボでした。この記事を書いてる時点ではAmazonで買えます。残りわずかですが。神田昌典好きの方はお早めに。

英語手帳 My English Organizer

 

英語手帳 って何?

英語学習書専門の出版会社である『IBCパブリッシング』が出している、英語学習者のためのちょっと特殊な日記帳です。

毎日、英語にふれて、1年後には英語で話せる自分になりたい。そんなあなたを応援する為に作られた『英語手帳』。

スケジュール管理しながら英会話の基本フレーズや英単語が自然に覚えられるようにデザインされています。

初めての発売から何年かごとに監修者が代わっており、現在は「国産バイリンガル」と呼ばれている有子山 博美(うじやま ひろみ)さんと、以前にちょっと紹介した『フォトリーディング英語勉強法』の著者クリス・フォスケット(Chris Foskett)さんが担当しているみたいです。

ちなみに、有子山 博美さんはこんな本も出しています。

 

さらに詳しい情報は公式サイトへ

IBCパブリッシング 2017 英語手帳

 

種類・価格 など...

【種類】

英語手帳のサイズは、通常サイズと携帯に便利な文庫サイズ「ミニ版」の2種類があります。

色はその年度によって違ったり、限定バージョンがあったりします。

以前は、いつからでも始められる「日付書き込み式」バージョンがあったみたいですが、現在販売されているものは年度が決まっているものだけです。

【販売価格】

通常サイズ

判型: 四六変型判
サイズ: 197 x 130 x 20mm
重量: 315g

定価: 本体 2,200円+税

 

ミニ版

判型: 文庫サイズ
サイズ: 152 x 110 x 17mm
重量: 177g

定価: 本体 1,800円+税

 

限定バージョンなどの場合、値段が違うこともあります。また、売っている販売店でも若干値段が違っていたりします。

 

 

英語手帳 の世間の評価・口コミは?

口コミではないですが、まずこちらを一つ。

人気オンライン英会話レアジョブの運営するブログ「RareJob English Lab」から、英語手帳監修者のromyこと有子山 博美さん本人の記事です。

英語手帳を付けることのメリットや、書くときのコツなどを解説しています。

今年こそ始めよう! 英語手帳・英語日記のすすめ

 

マスターから一言

マスター
日常生活に英語を取り入れるという意味でも、この英語日記は非常に良い感じです。

神田昌典さんには一時期よくお世話になっていたので、神田バージョンも買っちゃいました。

 

楽天もしくはAmazonから買えます。

楽天で英語手帳をチェック↓

   

 

Amazonで英語手帳をチェック↓

 

 

口コミ募集中!

当ブログでも、この教材を購入した方のレビュー、評価、口コミ等を募集しています。

実際にこの教材を購入した方は、以下『投稿された口コミ』の最下部フォームより書き込みよろしくお願いします。

あなたのレビューが他の英語学習者仲間の参考になると思います。ぜひ貴重な口コミ、レビュー等をお寄せ下さい。

また、この教材についてのシェアもよろしくお願いします。

-その他の教材

Copyright© 英会話教材 大全集 , 2018 All Rights Reserved.