記事

Step0 オンライン英会話

更新日:

 

前回の記事「習得スピード2倍速確実!英語学習 八つの掟」の中で紹介した4つ目の掟『最低でも週1回は英語で話すこと』を覚えていますか?

「まだ喋れない初級者のうちから、実践(会話)と学習を同時進行でやるように。」と指示しました。大事なことなのでもう一度確認してみましょう。

第四の掟:最低でも週一回は英語で会話すること

優先順位でいうとこれが一番になります。一番初めに始めないといけないことだし、何をさぼってもこれだけは続けて欲しいことです。

しかし、実際はこれを最後の最後に持ってくる人が多いです。

会話ができるようになりたいんだから、とにかくまずは会話しないと。ってことです。

話すことをしないで勉強だけして、「いつか話せるようになったら話そう」と考える人が多い。それじゃダメです。時間がかかりすぎます。

まだ全然話せなくてもやるんです。まずは度胸を付けるためにやるんです。初めは話せなくて当然です。困ったり、間違ったり、恥ずかしい思いを沢山しながら徐々に話せるようになっていくものです。

ここは避けては通れません。英語を話せる人は例外なく100%全員がこの道を通っています。

あなたは「英語が話せるようになりたい」と思っているからこの記事を読んでいるのだと思います。もしそうなら早い段階で一度この経験を済ませてしまいましょう。

もう少し語彙力を付けてから・・・。もう少しフレーズを覚えてから・・・。もう少し発音を良くしてから・・・。そんなことを言って実践を先延ばしにしていると、どんどん完璧主義者になっていき、実際に会話することが怖くなってしまいます。

まだ喋れない初級者のうちから、必ず実践(会話)と学習を同時進行でやるようにしてください。

 

実践の会話はとにかく一番初めに始めることです。学習初日から始めるぐらいの勢いでちょうど良いです。

これからステップごとに身に付けていくことがいくつかありますが、学んだ事をアウトプットしていかないと、知識ばかりが溜まっていき消化不良を起こします。これでは頭でっかちになるだけで、ますます話せなくなってしまいます。(こういう人はかなり多いです。)

なんだかんだ言っても、話せるようになるためには、実際に話すしかない!ということを、まずはしっかりと受け止めてください。

それでは、今回はどうやって実際に英語を話す場を作っていくか?という話をしていきます。

オススメはダントツでオンライン英会話

『最低でも週1回は英語で話すこと』を決め事にしてほしいとお話ししましたが、実際に週1回以上、定期的に生の英語で会話する機会はどうしたら作れるでしょうか?

やはりオススメはオンライン英会話です。

例えば、街を歩いている外人さんに話しかけるとか、外人さんが集うBarなどに通うとか、他にも方法はあるかもしれませんが、どれもハードルが高めです。実際に週一回コンスタントにこれが出来るかといったら難しいと思います。

後は定番でいくと英会話教室に通うという方法もあります。

これに関しては、お金と時間と場所の都合が付く人は良いかもしれませんが、それでも私は初級者の方にはオンライン英会話をオススメします。

オンライン英会話を推す理由はいくつかあります。

まず、時間と場所の自由度が高いことです。24時間受講できるところも沢山あります。そして、最近ではスマホで受講できるようになっています。ひと昔前に「駅前留学」なんて言葉が流行りましたが、今は「いつでもどこでも留学」の時代です。

次に英会話教室などに比べると、金額的に断然リーズナブルです。各会社で様々なプランを用意しているので、上手に使えばかなり安い値段で利用することが出来ます。

また、多数の講師の中から好きな先生を選ぶことも出来ます。リアルの英会話教室ではこれは出来ないでしょう。これはオンライン英会話を利用してみると分かってくることですが、講師との相性や、教え方の上手い下手は実際にあります。オンライン英会話なら数ある中から講師を選ぶことも出来ますし、会社自体も気軽に乗り換えることが出来ます。

そして、教材や授業内容を選ぶことも出来ます。各会社が競争するかのように様々なモノを提供していて迷ってしまうぐらいです。

 

いくつかオンライン英会話をオススメする理由を挙げましたが、一番のメリットは「身近である」ということだと思います。

この「身近」というのは非常に重要です。街で誰かに声をかけるなんて、めちゃめちゃ勇気のいることだし、車や電車でわざわざ教室へ通うのも決して気軽とは言えません。

その点オンライン英会話は、いつでもどこでも気軽に英語で話せる環境づくりが出来てしまいます。

色々言いましたが、今の時代オンライン英会話は英会話を習得する上で使わない手はないというわけです。

 

なぜStep1ではなくStep0としたか?

つづいて、記事タイトルになっているStep0について説明します。普通ならStep1から始まりますが、このプログラムはStep0からです。

これにはちゃんとした意味があります。

このStepは特別なStepで「常にやり続けること」だからStep1ではなくStep0としました。詳しく説明します。

これから6カ月かけて順番にStep1からStep4まで進めていってもらうわけですが、その間このオンライン英会話だけはずっと続けることになります。これがというか、ベースになります。

どういうことかと言うと、この「週1回の実際の会話」がないと、まず自分の成長具合が分かりません。人は成長を感じられないとモチベーションが続かない生き物です。つまり、成長を感じられないといつか止めてしまうことになります。

英会話習得の8つの掟の7つ目の掟『止めたら終わり、曖昧さに耐えること』で話したように、止めてしまうことだけは避けなければなりません。その為にも定期的に実際の会話を通して自分の成長具合を確認します。

そして、これも大事なことになりますが、オンライン英会話を続けることによって「英語で会話する」という目標からズレないようになるという効果もあります。

学習を進めていく中で、あれこれやっていると、ブレていくことがあります。私たちの目的は海外ドラマを字幕なしで楽しむためではありません。洋書をスラスラ読めるようになるためでもないです。または、TOEICで高得点を取るためでもないんです。「英語で会話が出来る」この一点です。

定期的に実践の会話をすることによって、この様についついブレてしまうことを回避することができます。

と言う訳で、オンライン英会話をベースに6カ月かけてStep1の発音から、話法、語順矯正、フレーズ暗記と進めていくことになります。

全く話せない状態から、初めはたどたどしいけどなんとかやり取りが出来る。そして次は、ちょっと聞けるちょっと話せる。そして、まあまあ分かるしまあまあ言いたいことが言える。こんな感じで少しずつですが上達させていきます。

 

なぜ週1でよいのか?

初めは週1回ぐらいのペースがちょうど良いです。

時間の取れる人は週2回3回でもいいですが、今の段階では毎日だと多すぎます。時間もあるし沢山実践したい!という人でも多くても週に3回までにしてください。

理由は、早く話せるようになるために、身に付けるべきことが先にあるからです。

「実際の会話が大事でこれが軸になる」と説明したばかりですが、実は毎日やってもそれほど伸びません。

学習することはインプットです。それに対して実践の会話はアウトプットです。

想像してもらえば分かると思いますが、インプット無しにアウトプットだけ続けても、そもそも出てくるものがありません。いくら続けてもこれでは上達しないということが分かると思います。

実践とは別に学ぶべき事はしっかり学んで(インプット)、同時進行で学んだことを週1、2回の実践で試す(アウトプット)。このスタイルが最も早く話せるようになります。

ちなみに、6ヶ月間のプログラムを終えた後なら毎日やっても大丈夫です。というより毎日やった方が早く上達します。

これは英語で会話するための必要最低限のインプットが終わっている為です。後は実際の会話の中でインプットしたことをいかに使えるように出来るか、アウトプットの量を増やしていきます。

とまあこれは後々の話なので、今はとにかく最低週1回はオンライン英会話をする、これは必須事項だということを理解してください。

 

オンライン英会話をやる目的

これから週一回のオンライン英会話を行っていこうとお話ししましたが、段階ごとに目的が変わってきます。

何事もそうですが、ただ闇雲にやっていても成果が出にくいです。段階ごとに何を身に着けたいのか細かく焦点を絞りましょう。

まず一番初めの初期段階では、英語(外人)慣れすることだけでOKです。他のことは考えないでください。

もちろんこの段階では全く会話することが出来ないかもしれませんが、それでOKと割り切ってください。

全く話せない状態で25分を乗り切る。(ほとんどの会社が1セット25分です。)これは、かなりしんどい作業になりますが、ある程度慣れて度胸がつくまでやり続けてください。3回ぐらいやるとだいぶ慣れます。

次に、あいさつ、自己紹介が出来るようにすることです。

ここはもう暗記しかありません。定番のフレーズをすらすら言えるように覚えて、実際に講師とのやり取りの中で使っていきます。

うまく相手に通じたときは感動します。

挨拶や自己紹介が言えるようになったら、次は、あいづち、返事、リアクションを身に付けます。

この辺も定番なものを覚えて、実際の会話の中で使えるようにします。

続いて挨拶、自己紹介、返事、相槌をマスターしたら、トラブル対応ができるようにします。

オンライン英会話はネット環境の為どうしても接続トラブルなどが起こることがあります。そんな時冷静に対応できるように定番のフレーズを覚えて言えるようにします。

次に、聞き取れなかったことや、分からないことをちゃんと聞き返せるようにします。

こちらも同じく定番のフレーズを覚えていきます。

これが出来ると一気に学習スピードが上がります。

 

次はいったん最後になりますが、こちらから質問が出来るようにします。

これはバリエーションが多いため覚えることも多くなりますが、まずは定番の質問から少しづつマスターしていきます。

これが出来ると会話の幅が一気に広がります。

以上が、オンライン英会話をする段階ごとの目的になります。

6ヶ月間の間に一歩づつ着実にこの段階を踏んでください。

ちなみに最後の2つ、聞き返す能力質問する能力の2つを身に付けると、ある意味これでゴールになります。とは言っても最終地点では決してありませんが、ひとまずのゴールになります。

その理由は、この2つをマスターすると、会話が永遠に続けられるようになるからです。そして、わからないことは聞き返すので、どんどん色んなことを実践の会話の中で覚えていきます。

このリアルの中で学ぶというスタイルは、どんなに優れた教材を使うよりも早く上達します。このことは、加速学習などの書籍を読んでもらうと分かることですが、私たち人間は、教科書などの教材やテキストで覚えたことよりも、臨場感抜群の実践の場で覚えたことの方がより深く記憶に焼き付くように出来ているからです。

実際はこんな感じになります。↓

何か質問する。

答えが返ってくる。(ここで生の英語の表現が1つ聞ける)

会話が途切れそうになったら、他の質問をする。

答えが返ってくる。(また1つ別の表現が聞ける)

相手の言った単語が分からない。聞き返す。

答えが返ってくる。(1つボキャブラリーを覚える)

早すぎて何て言ったのか聞き取れなかった。聞き返す。

ゆっくり話してくれる。(1つネイティブの発音が学べた)

相手の言った意味が分からない。聞き返す。

別の表現で説明してくれた。(1つ英語の表現を知れた)

また、会話が途切れてしまった。別の質問をする。

答えが返ってくる。(また1つ別の表現が聞ける)

この様に、聞き返す能力質問する能力の2つを身に付けると英会話習得へのエスカレーターに乗ることができます。6ヶ月間のプログラム中にぜひここまで行ってください。

【オンライン英会話をやる目的 まとめ】

  1. 英語(外人)慣れ 度胸を付ける それだけのためでOK
  2. あいさつ、自己紹介が出来る
  3. あいづち、返事、リアクションがとれる
  4. トラブル対応ができる
  5. 聞き取れなかったことや、分からないことをちゃんと聞き返せる
  6. こちらから質問が出来る

 

オンライン英会話との付き合い方・マインドセット

聞き返す能力と質問する能力の2つを身に付けると、英会話習得へのエスカレーターに乗ることができると言いましたが、この話をすると必ず返ってくる質問があります。

「いちいち聞き返してたらウザいと思われない?」

これは分かります。実際に逆の立場を考えると、初めのうちはいいですが、毎回これじゃさすがにウザいと感じるかもしれません。

しかし、このことに関しては問題ありません。理由は2つ。

1つ、そもそもこれはオンライン英会話での話です。友達との会話で毎回これをやられるとさすがに相手も嫌な気分になるかもしれませんが、今回の話は英会話レッスン内での話です。こっちはお金を払って教えてもらっている訳ですし、相手も給料をもらって教えている立場です。

中にはムッとする講師もいるかもしれませんが、もしそんな講師に当たったら次回は別の講師を選べばいいだけです。多くの質問を喜んでくれる講師を見つけましょう。

2つめの理由ですが、文化が違います。

日本人は相手のことをとても気遣うので、楽しそうに話している相手に対して失礼なことをしたくない…とか、相手の話に水を差したくない…とか思う人が多いのです。

または、自分が英語を理解出来ていないと思われるのが恥ずかしい…と感じる人も多いようです。

しかし、基本的にイングリッシュ・スピーカーは何度も聴き返されてもそれほど気にする人はいません。

それよりは聴き取れたフリをして、後で実は理解していなかった…という方がよっぽど相手が失礼と感じるでしょう。

「聴き取れたフリ」は、百害あって一利なしです。臆せず、ガンガン聞きまくりましょう!

 

そして、次はとても大事なことです。

ここであなたも気づいたかもしれませんが、自分の言いたいことが言えなかった場合です。

こちら側が何か質問した場合、多くの場合相手からも質問がきます。ハウアバウチュー?です。

この時まだ英会話初級者のあなたは、言いたいことを英語で表現することが出来ないでしょう。

こんな時は、日本語で構わないので必ずメモしておきます。覚えておこうと思っても次から次へと言えないことが溜まっていくので「何かあったけど何だっけな~」となって忘れてしまいます。必ずその場で、走り書きで構わないので後で見返したとき分かるようにメモしておきましょう。

そしてレッスン終了後に調べる。そして覚える。そして次回は言えるようにする。この繰り返しです。

この一連の流れを早めにクセ付けてください。そうすれば後は話せば話すほどあなたの英語力は伸びていくことになります。

【オンライン英会話の付き合い方 まとめ】

聞くことは悪じゃない、正義だ!ガンガン質問を浴びせよう。

言えなかったことは必ずメモる。そして調べて覚えて次回は言えるようにする。

 

オンライン英会話の始め方、準備

今すぐにでもオンライン英会話を始めてほしいわけですが、その前に、全くの初心者の方もいると思うので、ここではオンライン英会話を始めるにあたっての準備についてご説明します。

まず、用意するモノは以下の4つです。

  1. パソコンもしくはスマホ・タブレット
  2. ヘッドセット・Webカメラ
  3. Skypeのダウンロード
  4. 必要最低限のフレーズ

詳しく解説していきます。

1.パソコンかスマホかタブレット

オンライン英会話はインターネットに繋がったパソコンもしくはスマホ・タブレットがあれば始めることができます。

この記事を読んでいる時点でこのうちのどれかを使っていると思うので、問題ないと思います。

ここではよく言われているそれぞれのメリットデメリットを挙げておきます。

  パソコン スマホ・タブレット
メリット
  • チャット機能が使いやすい
  • オンライン辞書が使いやすい
  • 場所に関係なく受講可能
デメリット
  • パソコンの前でないと受講できない
  • チャットが打ちづらい
  • テキストを印刷する必要がある

 

オンライン英会話はインターネットにさえ繋がっていれば良いので、自宅に限らずどんな場所でもレッスンを受けることができることが魅力の一つです。

スマホやタブレットがあると、カフェや公園などの外出先でも手軽にレッスンを受けることができ便利です。

(私の住んでいる場所は富士山の麓で、大体の場所から富士山が見えるので、外でレッスンを受ける時には講師に富士山を見せます。めちゃめちゃ喜んでもらえています。)

 

また、教材やチャットボックスを使ったスムーズなレッスンを受けるには、やはりパソコンの方が◎です。

よく、「PCかスマホ(タブレット)どっちがいいの?」という質問を頂きますが、まずはどちらでもいいので始めやすい方を使って始めて下さい。一番大切なのは自分にとってどちらの方が気軽に始められるか?です。

慣れてきたら両方試してみると良いと思います。

 

ちなにみに、オンライン英会話に必要なネットスピードは1Mbpsです。

どれくらいのスピードかというと、格安スマホであっても問題なく利用できるレベルです。オンライン英会話はそれほど早いスピードのネット環境でなくてもレッスンが可能です。

しかし、通信量制限にかかってしまった場合には、映像がカクカクしたりストレスを感じる可能性がありますので、できるだけWi-Fi環境でレッスンを受けるようにしましょう。

ちなみに、25分のレッスンで使用する通信量は135MBほどだそうです。週1回なら月に約600MBぐらい、毎日受講した場合は月に約4GB消費する計算になります。参考にしてみて下さい。

2.Webカメラとヘッドセット

スマホ又はタブレットの人は問題ありません。パソコンの人は付いていない場合には必要になります。

まずWebカメラの選び方ですが、そこそこのモノがベストと言われています。

その理由は、高性能すぎるとPCに負荷がかかってしまい、通話が途切れる可能性が上がってしまうからです。

まずはこの辺で十分です。

次にヘッドセットです。

カメラにマイク機能が付いている場合は特に必要ありません。(最近ではカメラに付いているマイク機能も結構クオリティーが高いです。)

しかし、より集中したい、外の雑音を防ぎたいなどの理由がある場合には別途用意した方がいいでしょう。

オンライン英会話で使うだけなら、1,000円~のヘッドセットでも十分です。

以上、パソコン使用の場合でもっていない人は安いもので構わないのでサクッと買ってしまってください。

 

3.Skypeの準備

オンライン英会話サービスの多くが、Skype(スカイプ)を使ったレッスンを提供しています。(他にも独自アプリを使って受講するところもありますが、ほぼスカイプを使います。)

Skypeとは世界中の人と音声通話ができる超メジャーなアプリで、無料でダウンロードすることができます。

必要なのは、スカイプのダウンロードとアカウントの設定の2つです。

まずは、Skypeのダウンロードです。

Skypeは標準でインストールされているパソコンやスマホがありますが、もしお使いのパソコンやスマホにSkypeがインストールされていない場合には、以下のページからダウンロードしてください。

スカイプのダウンロード

続いて、Skypeアカウントの作成です。

今までにSkypeを使ったことがない人は、オンライン英会話を始める前にアカウントを作成しておく必要があります。以下のページを参考にSkypeアカウントを作成しておいてください。

スカイプのアカウント作成

また、以下のブログ記事で、基本的な使い方を説明していますので、参考にしてみてください。

参考:【オンライン英会話】スカイプの基本的な使い方マニュアル

以上で、Skypeの準備はひとまずOKです。

 

 

4.オンライン英会話用のフレーズ

以上でオンライン英会話を始めるための準備は整いました。しかし、全くの英会話初心者がいきなり英語で25分間話すとなると……正直怖いし不安だと思います。

誰だって最初は「"楽しく英会話" 以前に、沈黙が続かないか心配…」「スカイプがうまく繋がらなかったらどうしよう…」などたくさんの不安材料があることでしょう。

そこで、まず初めの段階で必要最低限なフレーズを覚えておきましょう。

「オンライン英会話 始め方 フレーズ」などで検索すれば沢山出てきますが、まずは必要最低限必要な少ない数のフレーズを覚えて即始めてみましょう。

フレーズを紹介しているサイトやブログは沢山ありますが、まずは1つオススメのサイトを紹介します。

ここは、何より音声が聞けるからグッドです。何度も聞いてマネしてパッと言えるようにしましょう。

オンライン英会話の不安をサッと解決!すぐ使えるフレーズ50選

 

続いて、

慣れてきたらもっと色んな表現も言えるようになりたいと思います。そんな時はここがオススメです。解説も細かくて非常に良いです。

オンライン英会話で僕が頻繁に使ってきた超便利フレーズ200

 

調べれば他にも色々と出てきますが、まずはこの2つをチェックしておけば間違いありません。

とにかくまずは50フレーズをパッと言えるようにしましょう。

 

先生の選び方について

次に講師の先生の選び方についてです。

これについては、発音が良いとか、教え方が上手いとか、色々あると思います。しかし、初めはこちら側もよく分からないので、あまり気にしなくていいです。

続けていく中で徐々に分かってくることなので、その都度選んでいけばよいと思います。色々悩んだり、調べたりするよりも、とにかく始めることが大切です。

 

レッスンの種類や教材の選び方について

ここは重要です。

まず、よくリアルな英会話教室にありがちなリピートアフタミー的な授業は避けることです。これは、生のイングリッシュスピーカーでなくとも、音声教材などで十分出来ることです。

もっとダメなのはテキスト(スクリプト)を読む授業です。

想像してみてください。自分1人だってできる、テキスト(スクリプト)の音読を、講師と一緒にやって、単語を一緒に確認して、25分間の授業が終わる。これでは、自分の考えを話す時間がほとんど無いです。(講師は楽かもしれませんが...)

これらのタイプの授業は、せっかく生のイングリッシュスピーカーと対面しているのに(お金を払ってまで)、その価値を無駄にしています。

教材を選ぶときは会話や話すことだけに集中できる、テキストやスクリプトのない教材を選ぶようにしましょう。

ポイントは、自分1人でも出来るような内容は選ばないことです。

オススメの方法

とは言っても、何をやれば迷いどころだと思います。

まずは「聞き返し」「質問」だけで行えるこの方法を続けて、もしちょっと飽きてきたな~と感じるようになってきたら、次の方法もお勧めです。

英語キュレーター・セレンの3行エッセイ

 

カランメソッド・DMEメソッドについて

どうしてもいきなりフリートークは苦手と言う人は、このカランメソッドDMEメソッドから始めてみるのもオススメです。

カランメソッドとは? (イングリッシュベル公式サイトより)

DMEメソッドとは? (イングリッシュベル公式サイトより)

フリートークや、お題を決めて話す方法に比べ自由度は無いですが、やることがカッチリ決まっているので、いきなりフリートークは・・・という人には向いています。

ちょっと機械的だけど、初めはこれぐらいから慣れていくのもよいです。

カランやDMEに力を入れている会社は『イングリッシュベル』です。

無料でカランやDMEを2回お試し体験できます。1回目はレベル診断になり、2回目にその人のレベルに合った所からのスタートになります。

巷ではカランやDMEについて良いことも悪いことも色々と言われていますが、初めからいきなりフリートークはちょっとキツイ。自分で授業を組み立てるのは面倒。みたいな人には向いていると思います。

 

結論を言ってしまうと、初めは何でもいいからとにかく最低週1回は英語で話す。これだけを確実に守ってもらえば問題ないです。

 

【まとめ】

・自分一人で出来てしまうような内容は避けること

・自由に会話することがどうしても苦手な人はカランやDMEもおすすめ

 

オンライン英会話の選び方

いよいよ実際にどこを使うのか、サービス提供会社を選んでいきます。

私が調べてみたところ現在稼働中のオンライン英会話は117社ほどありました。

オンライン英会話 一覧表

この中から自分にとって一番良い会社を選ぶというのは、なかなか難しいことだと思います。

まず、初心者は何を基準にオンライン会社を選んでいけばよいかですが、ざっくり全体の特徴をまとめると

  • 月額制とチケット制がある。
  • フィリピンは安い。ネイティブになると高くなる。
  • カリキュラムの内容が濃いほど高い。
  • 小さい会社は講師数が少ないため予約が取りずらい。受講者が多すぎる会社も予約が取りずらい。

こんなところをチェックして選べばよいと思います。

とは言っても117社を全てチェックするのも大変だと思います。

そこで今回は私が、初心者におすすめのオンライン英会話を3社紹介します。

どの会社も無料体験が2回~ついていますので、色々気になる人はまずはとりあえずこの3社を試してみて、オンライン英会話とはどんな感じのモノか体験してみて下さい。

また、今の段階では週1回でよいので、月額制のやり放題プランみたいのだと割高になってしまいます。
(※時間がある人は多くても週3回までに。オンラインとは別の毎日1時間の個人学習を優先してください。)

大手の月額制話し放題『DMM』『ネイティブキャンプ』などには、6ヶ月のプログラムが終了した後に乗り換えればいいと思います。

まず初めは回数制のオンライン会社から始めることをオススメします。

と言う訳で、まずはココから始めてみよう!オススメのオンライン英会話3社です。どこの会社もメジャーで安心のおける間違いのないサービスです。

 

1.『レアジョブ』

とにかく安心の大手メジャーオンライン英会話。

【オススメのコース】

月8回コース → 4,200円

⇒ レアジョブ 公式サイトへ

 

2.『weblioオンライン英会話』

とにかく安く済ませたいならここです!

英語学習者ならみんなお世話になっているオンライン辞書weblioのオンライン英会話。

【オススメのコース】

月4回コース → 1,480円

⇒ weblioオンライン英会話 公式サイトへ

 

3.『ワールドトーク』

いきなり日本語の話せない外国人は怖い。初めては日本語が通じる日本人講師がいいという人はこちらの日本人講師No.1のワールドトークがオススメです。

【オススメのコース】

月3回~11回 3,000円(ポイント制)

⇒ ワールドトーク 公式サイトへ

 

また、先ほどちょっと話に出ましたが、カランメソッドやDMEメソッドを試してみたい人はこちらが間違いないです。

『イングリッシュベル』

【オススメのコース】

月5回コース → 3,900円
月10回コース → 6,400円

⇒ イングリッシュベル

 

最後に、それでも迷ってしまう人は、上記3つの中から『レアジョブ』をますは試してみて下さい。国内シェアNo.1顧客満足度No.1の実績がありますので、まず間違いありません。いろいろ悩むより、サクッと始めてみることが大切です。

レアジョブ

 

オンラインに慣れたらリアルへ

常に(最低週1で)オンライン英会話で実際に英語で会話することが必須になりますが、オフライン(実際の現実世界)でも必ず英語で話す機会を作りましょう。

これは人によってはかなりハードルの高いことなので、すぐにとは言いません。オンラインで話すことに慣れてからでも全然大丈夫です。

一番よいのはイングリッシュスピーカーの友達を作ることです。(フリーの人はもちろん彼女、彼氏が作れれば最高です。)

理由は、やはりオンラインとリアルの違いです。リアクションボディーランゲージネイティブ独特のノリなどを生で感じることが出来ますし、会話の内容もオンラインでする会話とは違ってきます。

そして、そもそも私たちの目標は生で外国人の方々とコミュニケーションが取れるようになることです。オンライン英会話を楽しむために英語を学習しているわけではありません。

つまり、遅かれ早かれ最終的に「現実世界でのリアルなやり取り」無しには、ゴールは達成できないということになります。

時間がかかっても良いので、チャンスがあれば積極的に話しかけイングリッシュスピーカーと友達になれるようにしてください。上達の度合いが全く違ってきます。

 

オンライン開始のステップまとめ

以上が、『Step0:オンライン英会話』でした。

最後に、まだ始めていない人のために、これから今すぐにやることをまとめておきます。

今すぐに始めよう! 【まとめ】

  1. PCの人は機材をそろえる
  2. 揃ってない人は今ここでAmazonで買う。
  3. オンライン英会話に登録する
  4. 会社選びに迷ってしまっている人は、総合的に一番間違いのない安定のレアジョブに登録する。2回まで無料です。
  5. 予約を入れる
  6. 登録が完了したら、その流れでそのまま初回の予約を入れる。(事前予習は予約してから!)
  7. 定番フレーズに目を通す
  8. 初回のレッスンまでの間に先ほど紹介したフレーズ50に目を通しておく。(初めは言えなくても全然OK!まずは慣れることが目的。)
  9. 1回目のオンラインを受ける
  10. 終わったらその場で次の予約を入れ、そのまま今回の復習をする。この時、次回までにやることや課題も考えておく。

コンスタントに続けるコツは、時間の空いた時やるとかではなくて、例えば週一回、毎週火曜日の夜8時からはオンライン英会話の時間!と決めてやると継続しやすいです。

4つ目の掟の『最低でも週1回は英語で話すこと』です。必ず実行に移してくださいね。

 

それではいよいよ次回から、6ヶ月間のプログラム、Step1の発音矯正に入ります。

一日一時間の学習(集中して)スキマ時間の活用を行いながらの6ヶ月間です。

今から6ヶ月後がいつになるのか?今ここでちょっとチェックしてみて下さい。

この頃にはあなたは、『英語でコミュニケーションがなんとかとれる状態』になっています。今のあなたとは、別人になっていると思われます。ぜひ一緒に頑張っていきましょう。6ヶ月間よろしくお願いします。

 

次のステップへ⇒ Step1:発音矯正

 

PS.

オンラインをまだ始めていない人は、必ず登録を済ませ予約を入れてから次の発音ステップに進んでください。

後ででいいやと言う気持ちが、先延ばしの原因になり、そして結局やらないままで終わってしまいます。

掟の3を思い出してください。素直、正直、即実践です。

ちょっと勇気がいることですが、英語を話せるようになるためにはここは避けては通れない道です。

あなたに「英語を話せるようになりたい!」という強い気持ちがあるなら大丈夫です。

勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

 

※追記:今までの活動の集大成が完成しました。 

結局何をやれば話せるようになるのか?一から順番に解説しました。とにかく英語を話せるようになりたい人は一読お願いします。

2018年はこれで決まり!英会話習得のための最速最短の道筋

 

口コミ募集中!

当ブログでも、この教材を購入した方のレビュー、評価、口コミ等を募集しています。

実際にこの教材を購入した方は、以下『投稿された口コミ』の最下部フォームより書き込みよろしくお願いします。

あなたのレビューが他の英語学習者仲間の参考になると思います。ぜひ貴重な口コミ、レビュー等をお寄せ下さい。

また、この教材についてのシェアもよろしくお願いします。

-記事

Copyright© 英会話教材 大全集 , 2018 All Rights Reserved.